スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 うちの女の子の顔ってオカマっぽいですかね?(女の顔だち、顔つきにも挑戦だ!)

 寺田克也という大先生はペインターでの仕事の気分転換に油彩画を描くという、本物の画狂人ですが、最近の私はSAIの彩色に詰まってしまうとB5判の計算用紙に落描きして遊んでます。
(「画狂人」。これは葛飾北斎が自らをそう名づけた、自嘲気味のあだ名。棟方志功も自身を「板極道」と呼んだ)

 描いてるうちに興に乗ってきたので、ちょっと丁寧に仕上げてみたんですよ。まぁ少し残ってるゴミ線は「味わい」の一つとして見てください(笑
 ↓消しゴムはこういうの使いました。
http://stationery01.fc2web.com/stationery/pen/MONOKNOCK.html
 意外に使えるんですよ、ホルダー消しゴム。

 ここんところは同じような趣味を通じて仲良くしてくれる人も増え、コメントなんかもよくくれるんですけど、ちょっと気になる事を言われたんですよ。
 ・・・どうも、戦前の日本、大正から昭和初期の匂いがするらしいんですよ、この絵。
 高畠華肖という、当時雑誌の表紙絵や挿し絵で活躍した美少女画家を思わせる部分があるんですと。
 ↓こういう絵を描く人らしい。
高畠華宵06b
 ↓こちらはうちの子(新稲ちゃんです)の顔UP。
新稲up
 うーん、どうなんだろ。
 で、高畠華肖でぐぐってみたら、『薔薇族』編集長のブログの記事がヒットした。
http://bungaku.cocolog-nifty.com/barazoku/2009/07/post-da1a.html
(『薔薇族』編集長 伊藤文學の談話室「祭」 竹久夢二の女性遍歴の底にひそむもの)
 ・・・あぁ、モーホだったんですね、高畠さん(涙
 確かに彼の描く美人って、どこか美輪明宏っぽい顔ですな。お目々パッチリなのに鼻が高い(というかデカい?)。陶酔したかのような夢見心地な表情。正直、オカマさんみたいな顔である(笑
(上のブログ記事によると、自分の姿を投影しやすい女性の顔を描いているそうですなゲイの絵描きは。「自分がもし女の身体に生まれついていたら」・・・という同性愛者独特の妄想だそうな。でも男の部分も捨てがたいから鼻もデカく描くんかな?)
 私は女の子を描く時も鼻筋通った顔を描きたがるんですけど、鼻がデカくならないようにいつも細心の注意を払っているんですよ。何でか。オカマ顔にならないためです!(キリッ
 鼻筋通った整った顔立ちの女性は大抵の場合、顔が小さいんです。こういう人は首から下も細っこい、スレンダーな体つきをしている。新稲さんも細っこい(けど意外に乳は大きかったりして^^)ので、当然顔も小顔です。従って鼻筋も通ってます。
 また私は大人っぽい顔だちの女の子が好きなので、この点でも鼻筋通った顔を描く事になる。大人になるほど面長で鼻の高い顔に変化していくからですな。新稲は17歳くらいという年齢なんだけど、家庭事情のおかげで昔っから気苦労が絶えず、それで大人びた顔立ちになっちゃった、という設定だったりします。
 子供の頃から父親との縁が薄く、だから強度のファザコンでもあります。
 一方、新稲の(小さいが形の良い)乳房に顔をうずめているのは、ずっと年上の担任の先生です。若く見えるが新稲と同い年の娘が居ます。バツイチで娘は元嫁が引き取ったため中々会えず、一人さびしく暮らしているところ、その心の隙間に落ち込んだのが新稲だったんですね。
 しかも彼女は、先生の娘に容貌がそっくりなんですよ。それで思わず心が緩んだのですが、会社を経営する母親が中々帰らない家に一人居る新稲を気遣っているうちに、ふいに唇を奪ってしまうんです。
 何年も女の肌に触れず、また最愛の娘にも中々会えない。だからさびしさと欲望が入り混じって抑制を弾き飛ばし、ついに処女まで奪ってしまう。
 新稲にしても、先生には父親に対する想いと恋心がない交ぜになった感情を抱いていました。
 また新稲の父親は、増水した川で溺れる新稲を助けるために生命を落としています。良心の呵責があり、父親の姿を重ねて見ている先生に対しても、罪の意識に似たものを持っています。
 また先生にしても、愛娘そっくりの少女を犯した事について、禁忌に触れたような悔恨があります。
 互いに強く惹かれあう二人ですが、それだけ罪というものも重くのしかかる。
 二人っきりになれば無邪気に甘える新稲ですが、分厚い眼鏡を捨て長い髪をばっさり切ったのは、先生の生徒でも娘でもなく、彼の「女」になるための決意表明なんですね。
 どことなく酔ったような表情なのは、甘える子に対する母のように、愛する男を慈しむ女になっているからです。
 が、力強い男の腕に抱きしめられ、情欲の波に翻弄されつつあるのかも知れません。恍惚の表情なんです。 
 
 ・・・ね?童顔に描くわけにはいかないんですよ。
 だけど表情がハッキリしてて変化があり、顔立ち自体が立体的で大人っぽいと、平べったくて鼻なんか無きに等しいお人形顔の萌えキャラを見慣れた人には、やっぱオカマに見えるのかなぁ。
 うちの子たちの顔立ちと表情は、あまり萌え系メディアでは見られないものであるのは確かですけど・・・。
 


 あ、ここでも重ねて言いますけど、私はノンケですからね(笑
 目鼻が整った、聡明で凛とした顔立ちの女性が好きなんですよ。でもそういう女の子って中性的なのかなぁ。
 高校時代に同性の後輩から告られた、とか言ってたなぁ・・・。


スポンサーサイト
テーマ : 自作イラスト">自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
クリックで救える命がある。
いつでも里親募集中
署名にご協力ください
リンク
このブログをリンクに追加する
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

雷獣少女blog
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。