スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 マンガのイメージ画にも挑戦だ!(ほどほどにしないとダメだとは思う)


 マンガのイメージ画、のつもりです。
 ヴィリエ・ド・リラダンの「未來のイヴ」と「ドラえもん」と「Dr.スランプ」と「攻殻機動隊」と「ペルソナ3」と「さよなら絶望先生」と夢野久作の「瓶詰の地獄」とをごっちゃにした感じの物語を考えてますが、締切りに間に合わない気がする・・・。

 ちなみに、物体の再構成(別の言葉で言えば「脳内CAD」)でまたまた手こずりましたよ、この絵でも(笑

 まず始めに、水上飛行機が難問でしたわ。
 零式水上観測機といい、元は砲撃の弾着を確認し、射撃を誘導するための飛行機で、戦艦など大型の軍艦に搭載されていました。
 大小三つのフロートが付いた「下駄履き」なのは、収容される時に海面に着水するためです。このため、飛行場建設がままならない小さな島でも(むしろそういう状況で)、色んな任務に活躍しました。
 オレンジ色なのは、無論(戦後数十年も経ってから)民間用に改めて製造したから。(もっとも、戦時中でも練習機がオレンジ色に塗装されていたケースもある。「赤とんぼ」というあだ名で親しまれた練習用複葉機もありました)
 この飛行機、結構人気があるせいか、ネット上でもかなりの数の画像があります。だが例によって、またまた「これぞ」という角度の絵が見当たらない。あればそのまま参考にできたんだけど。
 仕方が無いから、手のひらサイズのダイカストモデル(うちにはそういうのがたくさんあるんですよ)を写真に撮って取り込んだんだけど、絵のような角度だと飛行機(に限らず)ってあまりカッコよく見えないんですよ。
 模写じゃどうしても感じがつかめない。それじゃトレスも止む無し、と思ったんだがどうなぞっても形が変。
 よく見たら翼が歪んでた(チクショー!)。ここでまたいつものプチ地獄の始まりですよ。まぁ何とか描き上げましたけどね。

 次の課題(・・・)が画面右側手前の赤い水鉄砲。第二次大戦でドイツ軍が使っていた、有名な短機関銃、エルマ・ベルケMP40(「セーラー服と機関銃」で長澤まさみがぶっ放してた銃ですな)がモデルです。
 これはちょうど良い角度の写真がありました。1940年代の写真だから、模写どころか、まんまトレスしても法的におそらくセーフ(しませんけどね)。
 が、ラッキー!と思ったのも束の間、写真が小さすぎて細部がピンボケで全然わからない。
 ・・・プチ地獄、第二弾の始まりです。
 
 最後の難関はヤシの葉。
 あれって、葉を全部、一枚一枚別々に描いたんですよ。しかもはみ出してもそこだけすぐ消せるように、葉の部分だけでも3つのレイヤーに分けて描いた。大きなものだから、風や重力の影響を受けやすい。一枚一枚の角度が微妙に違うのはそれを表現したんだけど、自由変形で葉っぱ一つ一つに地道に手を入れたんです。
 描くのが苦痛でたまらなかった・・・よっぽど、ぶん投げようかと思ったわ。

 海の部分のグニャグニャした線は、透明度の高い水底に映った波のつもりなんだけど、タンカーの事故で漏れ出した重油みたいですね(泣 意外に難しい表現なのか、作画技法書でも描き方をあまり扱っていません。
 砂浜の浅瀬を描きたかったんだけど、どうも上手くいかない。魚の影がいくつかありますが、苦肉の策ですよ。
 (透明度の高い海は栄養度が低い。プランクトンが少なく、だから透明なんだけど、食物連鎖の都合上、それだけ魚も少ないのです。「水清ければ大魚すまず」と言うけど実際にそう。従って水の綺麗な海の砂浜の浅瀬に、魚がたくさんいるわけが無いんです。これも絵のウソですね)
 水底に映った波。これは今後の課題の一つですな。多分また海の浅瀬の絵を描く事になると思う。 

 あまり言うと痛くもない腹を探られますけど、正直な話、トレスやレタッチに走るパクラーの気持ちはわからんでもないんです。
 膨大な資料画像を集め、対象のラインと細部を頭の中に叩き込み、脳内でいわば3Dモデルとして再構成し自在に様々な角度に動かす。
 脳内CAD。言うのは簡単ですが、大変めんどくさい作業ですよ、これ。
 この作業がどうしても嫌、もしくはそんな時間は無い。そういう人が(できれば法的問題をクリアーして)トレスという手法に頼るんでしょうな。でもそのやり方では絵全体がトレスした部分の形に引きずられてしまう。
 「ホントは全部自分で描きたいんだ!」という職人気質の作家も少なくないと思う。でも、時間的制約があるのがプロ。涙を飲む人もたくさんいるんだろうな。
 いやオレも涙飲まなきゃダメだったんだけど・・・つい、ね。
 

 こういう貧乏性と要領の悪さでは、やはり絵描きには向いていないのかもなぁオレ・・・。


テーマ : 自作イラスト">自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
クリックで救える命がある。
いつでも里親募集中
署名にご協力ください
リンク
このブログをリンクに追加する
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

雷獣少女blog
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。