スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 たまには食べたい世間の暖かい飯。(Tinamiでも相変わらず絵の評価が低いです)

 まぁ萌え成分なんて皆無ですけどね・・・。
 Tinamiでの評価の低さに軽く絶望しております。ちょっと(かなり)死にたくなりました。
 まぁ毎度の事ですが(笑)、それなりに試行錯誤や創意工夫をしたにもかかわらず「支援ユーザー」数(つまり得票数)がたったの1。これだって世間の反応の冷淡さからすれば知り合いの誰かが「同情」して入れてくれた「情実評価」である可能性が濃厚である。
 ・・・何がダメなんだろう。どこがいけないんだろう。確かに一流の完成度ではないかも知れないが、ここまで無視黙殺される理由がわからない。
 人様の悪口は(その人物が悪どい方法でボロ儲けしているのではない限り)極力避けている私である。
 が、正直な話、自分の冷や飯ぶりの一方で、最低限のデッサンすらできあがっていない上に塗りさえ貧相な「版権絵」が某巨大イラストSNSではデイリーランキングの上位に食い込んでたりするのは不愉快である。しかもサムネ表示されるほどの上位に。(具体的に誰かは明言しないけどね。でも「けいおん!」の絵だけは死んでも描くものか!と心に固く誓った事は確かだ)
 というか、なぜそういう状況なのかがすごく不思議なわけだが。
 版権絵に比べてオリジナルが冷遇される傾向があるのは事実だけど、何も点数なんて幾ら入れても減るもんじゃ無し、ましてや課金されるわけでもない。幾らでも入れたいだけ入れ放題である。(ひょっとして他人の絵にホイホイ点数入れまくるオレの方が少数派なのか?) 
 まぁ、大多数を占めるであろう「描かない連中」(言い換えれば、版権絵や「流行の傾向の絵」にしか反応しない連中)ほど他人の絵に厳しいけどね(嘲

 例によって彩色、塗りが「低評価」の原因かも知れない、と(とりあえず真面目に)考察するため、線画を上げてみる。いわゆる「塗り絵」である。
http://hillmama.web.fc2.com/niina090316senga.html
 誰か親切な人、塗ってみてください。お手数ですけど。 テーマ : 自作イラスト">自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

 Xbox 持ってません(笑

 ありがとうございます。やっぱ絵の話がしたいですよねぇ。
 こっちのブログ立ち上げて正解だったと思います。

 まず本体ブログでの発言について。前言撤回します。
 あなたは私の立派な絵友達であります。
 ホント、自分の弱点について指摘してくれる人って、実際には非常に得がたいんですよ。特にネット上では。
 (悪意満々でこき下ろしにかかる厨はたくさんいますが、こういう輩は元より相手を貶める事しか考えていないため、言い分が無茶苦茶で当てにならないんですよ)

 以前「鬼平」さんという人から「画力はあるのに気持ち悪い女を描く」と言われた事がありますが(笑)、これを読んだ私は内心( ̄ー ̄)ニヤリとしていたのですよ。そういう意図で描いた絵が多いですから。
 目については、言われる通り「やや中性的」かも知れませんが、女性の目を描いているつもりであります(笑
 白目面積が多いのは、目がどこを向いているかわからないと気分的に落ち着かないからですし、また白目勝ちの目の方が細やかな表情の変化が表現しやすいからです。
 表情を殺して無表情な顔にすれば、なるほど一見女性的な顔付きになるかも知れないですが、これは同時に「お人形顔」でもあるんですよ。
 手塚治虫の女性キャラも「お人形顔」(というかまんまダッチワイフだとさえ言われていました)とよく言われますが、これは作品一話丸ごとの表情の変化を見ない人の意見だと思います。
 なるほど手塚の描く美女は顔の造作こそ「お人形」ですが、実はかなり表情が豊かなんですよ。
 手塚本人は「お人形」みたいに受け身で愚鈍な女性を描きたくなかったに違いないし(どのヒロインも利発または聡明です)、かといって表情を豊かに描くと「女性本来の受動的な美」から遠ざかってしまう。(私も女性自身が「お人形」になりたがる傾向があるのではないかと考えています)
 だから表情が豊かな一方で、意図的に造作そのものを強調して「お人形」みたいな顔の女性を描く事になったのだと思います。
 見た目とは反対に、おおよそ「お人形」からかけ離れたのが手塚の女性キャラです。
 ただ私としては、手塚ファンには悪いけど(私も手塚ファンですけど)、今の時代で手塚のやり方は少々古めかしく思えるんですよ。だから私なりの方法を模索しています。
 「中性的」といえば、手塚のヒロインの多くも「中性的」と言われますね。
 私は『リボンの騎士』のサファイアが大好きなんですが(僅少差で次点に「和登サン」。あ、どっちもボクっ娘だ!やっぱ手塚すげぇw)、原作または『ブラック・ジャック』の何話かに登場する彼女を見れば、実は大変女性的、それどころか母性的なキャラである事に気付きます。(サファイアはフランツと結婚して双子を産みます)
 大勢の男子とケンカして勝ってしまう和登サンは写楽保介の「彼女」でありますが、傍目にはどう見ても母親代わりであります。
 どうも中性的=母性的という図式も場合によっては成り立つようですね。
 手塚の理想とする女性像は「聡明な母親」だと思われますが、手塚にしても私にしても、聡明な人物は男女を問わずどこか「中性的」な部分があるように思えるのですよ。
 ここで注意して欲しいのは、「中性的」=「同性愛者的」ではない、という事ですね。現実にはむしろ一見男性的な男ほどホモが多いですし、百合の女性も同様かと。
 (手塚はホモっぽい作家だと言われる事があり、確かにそれっぽいキャラも描いてますが、彼がインテリだと言う点にも注意すべきです。またあれだけ多彩な人物を描いていれば、それっぽいキャラが全くいない方が逆に不自然ですよ)
 手塚の女性キャラが「中性的」になるのは、それが「聡明な母親」へと成長するために必要な手続きだからですよ。
 (宮崎駿のナウシカのなんとわざとらしい事か。私にはパヤヲが「母性」の象徴として創造したというナウシカがどうにもオカマに見えて仕方が無いんですよ。あまりにもわざとらしくて・・・。あのバランスもヘッタクレも無い奇怪なプロポーション!スタジオジブリ出身の吉田健一のキャラもよく見ればジブリ臭さが見え隠れしますが、エウレカは明らかに母性キャラです。ちなみに新稲もエウレカを少し意識して描きました)
 私も「聡明な母親」のような女性が好みなので、当然表情のハッキリした女性を描く事になります。
 まぁ・・・一見「中性的」な顔立ちにならざるを得ないでしょうね。
 ただ、身体つきの方は女性的に描きたいですね(笑
 巨乳は大好きですし(ただしバランスは重要です!)、新稲の身体つきも(18禁サイドでわかると思いますが)決してツルペタではありません。・・・描いててつまらないんですよ、ツルペタ体型。
 ちなみに私はアイマスの菊池真を最初少年だと思っていました(笑 あれこそ「男の目付き」ですからね。
 私はどちらかというと律子とかあずささんが好みですよ。
 

批評~

pixivでいただいたコメントがなんか全部消えてたので気になって来て見ました。
絵の評価が低い理由ですか…
せっかくなので僭越ながら個人的な見解を。
色と表情は結構好きです。
パステルでぼかしたような独特な塗り方もありだと思いますよー。
髪は俺はロングヘアが好きだけれどその辺は個人の好みだからなあ…
次、批評というか感じた『こここうしたら』を書いていきます。
まずポーズが割りと不自然です。
実際やってみればわかりますが、肩関節の近くにあごがくるくらいクビを左後ろに向けるのは結構な力が要ります。この絵だと相当近いですね。やわらかいからだの人なら出来なくは無いかもしれませんが関節可動域的にぎりぎりのあたり、見て違和感を感じる人は多いはず。続けて取っていられる姿勢ではないです。

そしてシチュエーションのわかりにくさです。体育倉庫で縛られているにしては余裕がある表情が気になります。もし自由を奪われてるならばもっとおびえた顔のはずですし、清楚な雰囲気と穏やかな笑顔からソフトSM的なプレイを楽しむキャラには見えません。
このわかりにくさは絵への感情移入を阻害している気がします。

色はきれいだと思います。でも月明かりに照らされたならもっとモノクロっぽいほうがそれっぽさが出るかと。あと本人の体で出来る影(左肩の影が顔にかかったりみたいなかんじ)がはっきりかかれてればもっと立体感が増すと思います。

評価が低い理由ですが、コンセプトが複雑すぎるというかまとまりがわかりにくい、何をメッセージとして伝えたいのかわかりづらいのがあると思います。
一言で言い表せる絵(たとえばロマンチックとかエロティックとか荘厳とか勇壮とか)っていうのはたぶん評価が高くなりやすいですよね。相手のテンションがあがらないと評価ボタン押してくれないですから。俺も基本的にpixivとかで評価ボタン押したことないし…『すっげーーー!!!!』みたいな気持ちになれば多分押します。でもこれ、相手のテンションを上げる絵がいい絵ってことにはならないですよね。

そしてここからが俺的に言いたいこと。
技術的に割りといいところまで行っていながら、圧倒的かつ絶対的なものすごい技、というところまでは行かないってあたりが、評価を得られない最大のポイントじゃないでしょうか。
親近感と尊敬の隙間に落ち込んじゃってる感じです。
となれば、下に下がってこびるんで無く、上に行くほうが手っ取り早い。

コンセプトについてはそこも絵師のオリジナリティですから、あえて変えず、骨格、光の当たり方、筋肉、服の立体感辺りをさらに鍛えることで己の求める評価は絶対についてくると思いますぜ。
そして顔の描き方の引き出しを増やすことです。実際人に見せるのはもちろん自分が描きたい顔でいいと思いますが、色々な人間の色々な顔をスケッチですよ。これで内在的な美しさがレベルアップするはず。とにかく楽しんで(無理やりしちゃいかんと思います。アクみたいに絵に出る気が)、資料を見ながらスケッチすること。それで絶対先にいけます。
以上、俺からの励ましを込めた感じの批評でした。
俺自身が出来てないようなことばかりでホントすいませんです。
楽しんで上達してください!!



 こういう言葉が欲しかったのですよ。

 まず先にお詫び、というか釈明というか説明を。
 ・・・またやらかしてくれたんですよ運営が(笑
 いつものようにアクセスしたらいきなりトップページです。つまり垢BAN。もっとも今回はアクセス禁止にまでは至りませんでしたが。
 思い当たるのは、トレパクや無断転載の絵に付けまくったクレームコメントと警告メッセージ(いや、あからさまに利用規約に触れまくった絵ばかりでした)、およびブックマークタグでしょうか。
 あの運営はどちらの言い分が正しいのか、そんな事はどうでもいいのでしょうね。だからランキングにさえトレパクや無断転載、副垢自家発電といった不正行為が横行するんですよ。
 どう見ても非は運営にありますが、こう度々垢BANされるという事を一々コメント先に説明して回るのもいい加減面倒になりまして(つд`)
 ビーミズさん始め、多くの人には申しわけなく思っております。
 (まぁ全面的に運営が悪いのですが。というかあれ、人間じゃなくてクレームの数に自動的に反応する出来の悪いスクリプトか何かじゃないんでしょうか。そういう疑惑さえ浮かびますよ)

 懇切丁寧な指摘とアドヴァイス、ありがたく思います。
 地味ながら(これは私としては褒め言葉です)絵のところどころに光るものを感じさせる、隠れた実力派ならではの慧眼、恐れ入ります。
 ご指摘の点の数々、描いた本人も「そうじゃないかなぁ」と薄々感じていた点であります。
 首の角度や左肩の状態は確かに誇張が過ぎたかも知れません。第三者の目にはどう見えるのか、気になっていた部分であります。おかげでハッキリしました。
 表情ですが・・・これは確かに不自然に見えるかも知れませんね。説明が少ないですし。(自分的には相思相愛の男女なんだけど、教師と生徒というあまり世間から歓迎されない二人であり、教師の方が全部泥をかぶるつもりで拉致ちゃった、という設定だったりします。道ならぬ恋、男を受け入れる覚悟を決めた、期待と怖れが入り混じった顔付きを描きたかったのですが・・・わかりにくくてすみません)
 また、以前に指摘があったとおり、相変わらず「こういう表情」です(笑 記号的ではないにしろ、これはこれで硬直化している嫌いがありますね、よく考えたら。
 以後、気をつけたいと思います。
 色使い。これは私がもっとも苦手を自覚している点であります。正直に白状すると、この絵でもどこか及び腰になっていますね。
 最初はもっと単調な色使いでしたが、吸血鬼みたいになっちゃいました(笑
 月明かりに照らされた情景というのは、今の私には荷が重すぎたようです。この点もさらなる精進が必要かと思います。
 
 絵に決め手が無い。
 ご指摘の通りだと思います。
 なぜかいつも探りながら描いているんですよ。そんな状態ではどう転んでも一流にはなり得ない、まだまだ精進研鑽の余地があるのはよく承知しております。
 まぁですから、正確には私としては点数より、第三者に「絵がどう見えているか」が気になるところだったのですよ。
 至らない部分があれば改善すればいいだけですし、また創作という行為はどれだけ極めようにも果てが見えないです。
 (これは池波正太郎も剣術について「鬼平犯科帳」の作中で同様の事をセリフで書いていますね)
 だからたとえ酷評されても、それが冷徹な観察と分析に基づいた丁寧な指摘・的確なアドヴァイスなら、私としては大変得がたい宝物なのですよ。

 自分の中でモヤモヤしていた数々の点がハッキリし、スッキリしました。
 これで次の絵に立ち向かう事ができます。
 誠意のこもった、丁寧な指摘と的確なアドヴァイス、大変感謝します。
 どうもありがとうございます。
 
 ・・・またお願いしてもいいですか?

俺でよければ

心のこもったレス、ありがとうです。
俺もまだまだ修行中ですが、よければまた書き込ませてもらいますよー
ではまた^^

 いや、あなたほどの人はそうそういません。

 やぁ、ありがたいなぁ。
 これからもよろしくどうぞ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
クリックで救える命がある。
いつでも里親募集中
署名にご協力ください
リンク
このブログをリンクに追加する
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

雷獣少女blog
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。