スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 文字を曲げてみました。(本の「背」を描いてみた)

 ブログ拍手をくれたかた、どうもありがとうございます。
 もう1コのブログは(色んな意味で)派手なんですけど、絵を描く人としては私はずいぶん地味なんすよ(笑
 まぁ見栄えより、当分はとりあえず地力を付ける事を重視したいと思います。
 (というか、割とどうでもいい事に引っかかってる事も多いか・・・)

 エロゲの背景みたいに水彩っぽい塗りで色彩の塊のようにモノを描けば手っ取り早いのだろうけど、それはそれで手っ取り早いなりに高度なセンスが要求されると思うんですよ。 
 またマンガやゲーム、アニメなどはキャラが動くので丁寧に描きこみすぎるとむしろ絵がどんくさくなるようにも思えます。実際に自分が動いてる時なんかも「視界」はそんなに細かく正確には見えないですからね。
 どちらかというと動きが少ない絵を描く事が多い最近の私は、細かく描かないと気が済まないのです。
 背景の百科事典の背の部分、文字に苦労しました。
背中の新旧。
 向かって右側が以前のもの。なんか平面的でしょ、百科事典に見えない。百科事典の「背」は曲面のものが多いからね。
 左側が「線」と「文字」をゆるやかに曲げたもの。ちょっとだけ本の「背」らしくなりましたね。
 何が苦労したかと言うと、文字を「曲げる」作業がですよ、非常にめんどくさい。
 これ、ペインターの機能なんです(宝の持ち腐れもナニなので)。
 ペインター↓
結構むずかしいですよ、文字のシェイプって。
 手描きよりはスマートになりますが、かなりセンスを要求される機能ですな。正直、私は心許ないですよ。でも真っ直ぐで直線的な「テキスト」よりはそれっぽくなったかな。
 ちなみにテキストの艶などの効果はフォトショップです。
 ・・・まぁ他に趣味らしいものも無いんだから、CGソフトくらいゼイタクさせてください(笑
 「背」の模様は、これもフリーのテクスチャです。
http://www3.atwiki.jp/sai/pages/23.html
 ・・・いや、ちょっとめんどくさかったもので。

 文字の下にある「ミスカトニック大学の校章」。実はこれ、ラヴクラフトのファンサイトらしいところからの無断借用です。
 ・・・ラヴクラフトファンならご存知でしょうが、まぁ「版権フリー」ですから(笑
 ボーカロイドや東方で有名になった「版権フリー」ですが、実際には何十年も前に既にラヴクラフトがやっちゃってるんですね(だから貧乏だったのか?w)。
 ダーレス「君のためなら死ねる!」 (゚∀゚)ラヴィ!! 地元の友達からは本当にラヴィって呼ばれてたそうな。
 ラヴクラフトには生前から少数ながらもマニアックなファンが居て、そういう人たちが彼の作品世界の舞台・歴史・登場人物といった「素材」を自由に使って作品を作る事に、彼は喜びを感じていたんですね。
 ラヴクラフトをアイドル、または師と仰いでいた人たちにオーガスト・ダーレスやクラーク・アシュトン・スミスやロバート・ブロックといった人たちが居り、共通する世界観を基に独自の作品を書いていたんですよ。
 (ラヴクラフトは人種主義者だと言われますが、親友やファンにユダヤ人がたくさんいました。実際の交友ではむしろ人種偏見が少ない人だったようです)
 夏目漱石の「門人」(弟子みたいなものか)に芥川龍之介や寺田寅彦といった人たちが居て、これらの人脈・交友関係を「漱石山脈」と呼びますが、ラブクラフトの場合「狂気の山脈」とは別に言いません(笑
(ミスカトニック大学図書館分室 ラヴクラフト全集4 『狂気の山脈にて』)
http://poo-mono.jugem.jp/?eid=548
(POO-MONOLOGUE 『H・P・ラブクラフト『狂気の山脈にて』映画化!』)
 「テケリ・リ!テケリ・リ!」 テーマ : 自作イラスト">自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

j.kさんご無沙汰してます~。何時ぞやは失礼しますた。
曲線上の文字入れはフォトショップでもパス上でテキストツーツをクリックするとできるんですがヴァージョンによるかもですね。しおしおのは8ですた。

 やぁお久しぶりです。お待ちしておりましたよ。

 やぁ、しおしおさん。こちらでは初めまして。
 あの節はこちらこそ失礼しました。まぁどちらにしろ滅多に書き込みが無いから撤去しようと考えていた矢先ではありましたが。
 あれからちょっと気になってはいたのですが、まさかブログの記事で呼びかけるのもナニですので、そのままになっていました。
 くどいようですが、デッサン的にはギリギリOKかと思います(笑
 女性の身体なら可能ですし、実際にあのような動作を私は見ています(写真がエロなので貼れないのが残念です・・・)。
 まぁ乳はちょっと出すぎですが(笑、隠れてしまうと面白くないので敢えて「だっちゅうの」させてます(古いですかそうですか)。
 うちのフォトショップは6ですが、我ながら物持ち良いなぁと思います(そういえば我が家の炊飯ジャーは20年以上も使われてるかなぁ。気が付いたら家にありましたよ)。
 テキストの並べ方を変える機能は6には無かったですねぇ。
 一文字ごとにレイヤーにして角度を変えれば済む話ですが(マンドクセー)、いやその方がある意味簡単かも知れませんが、最近ファイルサイズを大きめにして描いているのであまりレイヤーを増やしたくないんですよね。
 寺田克也なんて大家はレイヤー一枚のみで描いているそうですが、彩色のセンスに自信の無い私はついつい増やしがちです。

No title

j.kさん、レスどもです~
いや、しおしおも言葉足らずでちょっと気にしてますた。
何が言いたかったかというと、これわたしの場合なのですが、あんまり写実に拘って修正してしまうとこぢんまりして最初のラフの方が良いことが多いので、「気にせずそのままでいいのでは」ってことだったのですが、結果そのままで良かったと思います~。
ではでは頑張ってください~。

 デッサン厨もデッサン厨発見厨もなぁ~(笑

 ああ、おっしゃる事はよぉく解りますよ。
 デッサンだけは勉強し始めると全く奥が見えません。
 写真を模写またはトレスして顔だけマンガっぽく描く人がありますが、バランス悪い事オビタダシイですよね。リアルな傾向の顔でもそうやって描くとやはり全体としてはおかしいです。
 一時期、鬼のようにスケッチやクロッキーをやってた頃があり、これはそれなりに(かなり)意味のある事だとは思うんですけど、骨格の形や関節の稼動範囲、筋肉の変化にこだわり過ぎると自由で融通無碍な絵が描けなくなりますよね。だから最近はあまり真面目にデッサンの練習をしなくなりました(笑
 不思議な事に、身を入れてリアルな人体デッサンなどやった事が無い人ほど、他人の絵のデッサンにうるさかったりします。
 おそらく、真剣に悩んで頭打ちになった事が無いから呑気にデッサンデッサンとやかましく言えるのでしょう。
 しかし一方で端っからデッサンを全く考えない人も増えているよう見えるんですよ。何でこんなデタラメな絵が評価高いの?と思う事もしばしばです。
 つまり、両極化が進んでるんですかねぇ。 
 どちらの人にしても、一度真剣にデッサンについて悩むべきだと思うんですよ。そうすれば「程よいバランス」が見え始めるのではないでしょうか。
 ・・・私にしてもまだまだ「程よいバランス」はつかみ切れてませんが、デッサン厨や無デッサン厨よりはこなれているかと思います。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
クリックで救える命がある。
いつでも里親募集中
署名にご協力ください
リンク
このブログをリンクに追加する
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

雷獣少女blog
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。