スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あけましておめでとうございます。寅年ですなぁ。

 あけましておめでとうございます。クワイって苦くて美味くないですな(笑 どうやら芽を出すためにはほろ苦い経験が必要らしい。(本ブログ記事参照)http://jacktar.blog.shinobi.jp/Entry/373/
 トラさんをスケッチ(というか模写)してみました。
 トラの顔って結構むずいんですよもふもふしてっから。
 久方(数ヶ月)ぶりにスケッチブックを開いてみたんだが、消しゴムの方も久方ぶりに使いましたよ。
 本当はスケッチブックを使う時は消しゴムはダメなんだけど、意外にも難しかったのですよ。
 画面の上の方にあるのは確かポーズマニアックスの模写かな。これは消しゴム使わなかったです。その右側にあるのは虎ロープ(笑 
 何かとトラには縁があるようで(笑 (09年3月27日付け記事参照)http://hillmama.blog37.fc2.com/blog-entry-6.html

 トラの顔って意外に難しいです。ネコの大きいヤツ、ぐらいに考えてたんだけど思っていたよりもふもふしているんですよ。毛が多いんですね。(専門家によるとライオンよりずっとネコっぽい動物らしい。足の運びとか。またタイのお寺の板の間で気持ちよさそうに昼寝している姿はどう見ても特大のネコです)
 芦雪のトラの絵。ロセッティではない。この人の描く動物はユーモラスで愛らしい。
 ↑芦雪のトラの絵。実はデフォルメされた子ネコだというのは有名な話。(トラの目の瞳孔はネコのように縦長ではなく丸い。またネコの目のように場所の明暗で大きく変化したりしない。いや芦雪にそのような知識があったかどうかではなく、すぐ横の襖に小川の魚を狙っている子ネコの絵もあるんですよ)
 トラ。姿形そのものは大きな丸顔で小さな耳、太い手足と愛らしく見えない事も無い。ネコ好きならばなおの事でしょう。(イメージに反して愛情深い生き物である。育児放棄で路頭に迷った仔豚の母親になったトラの話も。インドでは結構恐れられてるらしいけど)
 毛の質感まで克明に表現しようと思うのなら、もっと大きなサイズで描くべきなんでしょうね。
 またトレードマークの縞々模様もよく見ると結構複雑です。シンメトリーでさえない。左右で微妙に違ってたりする。
 中々形がつかめないまま消しゴムを重ねましたよ。何とかでっち上げたけどクマっぽく見えるなぁ(汗
 ウルトラマンでもないしモンハンにも出てこない。
 ↑ティガーと笑い男(笑。
 色を見て気づきませんか?そう、身体の模様が黄色と黒ではなくオレンジと黒なんですよ。
 トラの体色を黄色と黒にしてしまうのはどうやら日本はじめ、ごくごく一部の国だけらしい。
 そのかわりディズニーアニメではクマが黄色い(笑
 でも私も多分、トラは黄色く塗りますよ(笑
 
(桂こごろう『動物園』)
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo72.htm
(世紀末亭 【上方落語メモ第2集】その72『動物園』)
http://ginjo.fc2web.com/132doubutuen/doubutuen.htm
(落語の舞台を歩く 「動物園」)
 上方落語の『動物園』のトラはウサギの生肉を餌にする、と言っているが、今年は是非とも紳士ぶった変なデザインの金持ちウサギを食ってもらいたいものですな(笑
 トラッキー。バク転できるマスコットの走り。真似すんなジャビット
テーマ : 自作イラスト">自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

あけましておめでとうございます

虎って毛が多くて長いんですよね結構。アゴがしっかりしてて顔が丸いからしましまがなかったら熊に似ちゃう感じですねー。
今年の年賀状は本当に忙しくて結局書く暇がありませんでした…

本年もどうぞよろしく。

 あけましておめでとうございます。
 ネコ科の生き物って風呂に入れると痩せますよ(笑
 お腹がぽっちゃりしたデブネコでも顔はスマートだったり(横に広いから丸顔になるんですね)。
 正月もようやく3日目になってから年賀状(というか下準備。動物は慣れない人には難しいです)に取り掛かりましたが、初詣に行くのを忘れていたため結局は写真を模写しただけで終わりましたよ。
 つまり、今描いてる途中です(笑
 鳥やイヌは(種類にもよりますが)クチバシや鼻面がネコより前に突き出ているため、ネコより真正面顔は表現しにくいようですね。一方ネコ科の生き物は鼻面が小さい分「鼻筋」(鼻梁)があったりします。
 顔に鼻筋がある生き物は人間以外にはネコしか居ないかと思います。
 イヌやネコ(約6000万年前までは同じ生き物)はともに元々は肉食獣(ネコは今でも肉食に近い食性)ですが、獲物を追うために目が真正面に付いています。天敵である捕食動物を警戒するため草食獣の目が横を向いているのと対照的ですね。
 つまりイヌやネコは目の位置が人間そっくりなんですね。これもイヌやネコがより多く人間に親しまれる理由の一つかと。ウサギやウシ、ウマやシカよりは擬人化に無理が無いんですよ。
 (正面視ができるのは細かい作業に向いています。これは人類の進化にも無関係ではないでしょう。目が横向いていると石器や土器を作りにくかったでしょうね)
 獲物を探し求める生活のため、イヌやネコは好奇心が強い生き物ですが、この点も人間に行動パターンが似ており、親しまれやすいのでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
クリックで救える命がある。
いつでも里親募集中
署名にご協力ください
リンク
このブログをリンクに追加する
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

雷獣少女blog
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。