スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 線画は何とか。(「トヨペット クラウン」)

 色々忙しかったりさぼってたりして中々進まなかった「トヨペット クラウン」、何とか線画はできました。
トヨペット クラウン2
 ・・・何か変な絵ですね。いやぁクルマって難しい。
 資料になる画像が似たり寄ったりであり、だから絵もそんな感じですが、わけあってやや上からのアングルになっています。
 車にしろ人間にしろ、それぞれ「得意な角度」(つまり美しく見えるアングル)というのがあるんですが、「トヨペット クラウン」(ここでは初代)という車の独特のフォルムの美しさを強調するには、斜め前・低い位置での撮影が好ましいようです。
crsm0000000000_2
 昭和30年代というと乗り物がやたら流線型だったり無意味なヒレが付いてたりする時代ですが、「トヨペット クラウン」もボンネット、特にエンジンドアあたりが心持ち丸く膨らんだ微妙な流線型なんですよ。
 そのふくよかなフォルムは上からのアングルだとわかりにくいんだけど、この絵はわけあってそういう角度から描かざるを得なかったのですな(すぐにその理由はわかりますよ、ふっふっふ)。
 ・・・こんなに時間がかかるんなら、潔く写真の模写またはトレスで済ませた方がよかったかも知れないけど、それだと私が望むアングルの写真が見当たらないのですな。だから泣く泣く1から描き起こさざるを得なかった。しんどかったっすよ。こういう時CADとか使うと便利なんだろうか。よく知らないけど。
(またイラストSNSに投稿する時に一々「模写」とか「トレス」タグ付けるのもわずらわしい。それをやると絵の値打ちがガタ落ちになる気がするのも何かヤだ。つくづくめんどくさい時代になったものです。ありがちなクルマならとっとと写真に撮ってトレスできるんだが・・・プロ作家がよくやる手法ですね・・・「トヨペット クラウン」なんてその辺に転がってる車じゃないよ)
 ちなみにデフォルメしてます。まぁ見りゃわかるだろうけど(笑
 最初に描いたアタリがそういう形だったもので、だからそういうカタマリに細部のパーツを一個一個貼り付けていくという、まるでプラモデル組み立てるような作業だったんだけど、取り説も無い上に(当たり前だ)形が歪んでいるから(まぁデフォルメなんすけど)普通に貼り付けてもどこかおかしい。そのバランスがすげー難しかったんですよ。
 パーツの一個一個も自作だから(絵だからね)、そのめんどくささはプラモ以上ですよ。まぁ絵ですけど。
 あとは透けてるところを消してナンバープレートとか付け足せば線画としては出来上がり。

 ・・・もうこういう描き方はやめとこう。時間ばかりかかって、しかも見栄えが悪い。
  テーマ : 自作イラスト">自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
クリックで救える命がある。
いつでも里親募集中
署名にご協力ください
リンク
このブログをリンクに追加する
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧

雷獣少女blog
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。